デリケートゾーンのかゆみに悩んでいる方って、意外に多いらしい!

体がかゆいということは
肌に何らかの刺激があることを意味します。

 

デリケートゾーンの場合、その刺激の種類が多いですね。
適度な温度と湿気がある上、いつも下着で蒸れています。
そして、座る行為で圧力をかけます。

 

デリケートゾーンは、人間にとっては排泄の出口です。
ですから、体内から出されるものも決して清潔なものではありません。

 

女性の場合は、生理の時にナプキンを当てる事になります。
汗、尿はアンモニア、便はバクテリアと環境は最悪です。

 

見た目は不潔ではないにしても
これだけの環境ならどうしても菌が発生してしまいます。

 

もともとデリケートゾーンには
体に必要とされる菌(善玉菌のような存在)があります。
そこに雑菌が加わって、菌が多い場所になってしまいます。

 

デリケートゾーンの敏感な肌にこのような菌や菌で弱った肌に
汗や尿などが刺激になってかゆみが発生します。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因のほとんどが
こうした菌と蒸れた環境が相まって起きてしまいます。

 

清潔にしておくのはもちろんなのですが
洗いすぎてしまうと、それが刺激になってしまう。
とても敏感で難しい場所です。

 

別のかゆみの原因は感染症です。
一つは不潔な環境での性行為
性行為の相手が感染症にかかっているなどです。
感染症と関係なく、ホルモンバランスの関係から
敏感肌ではないのに、敏感になってしまう事もあり
この時にもかゆみがあります。

 

そして、便をした時の菌の存在です。
便にはたくさんの菌がありますが
それが付着してかゆくなることもあります。

 

困ったことにかゆいからかく事ができない場所ですよね。
ですから
デリケートゾーンにかゆみがあるときには
何が原因でそうなってしまうかを知ることが大切です。

 

例えば、
・不潔にしている状態が続いた
・性行為の相手の感染症が移った
・ナプキンでかぶれてしまった
などのことに気をつけましょう。

 

また、病気ではないのですが
体調不良だったり、ホルモンバランスの乱れから
デリケートゾーンのかゆみが出ることもあります。

 

寒いところから暖かな場所に行った時などの
急な外気の変化にも対応してしまいます。

 

さて
このようにデリケートゾーンのかゆみには
たくさんの原因がありますが、正しい処置をすることが必要ですね。

 

ベストなのは、産婦人科に行って
原因がわかって、薬を付けることです。
でも、本当は毎日のケアやちょっとした注意で
かゆみがなくなることもあるんですよ。

 

 

 

人気口コミ情報

炭酸シャンプールメント
ノンシリコンのオイルシャンプールメントの口コミ情報がチェックできるサイトです。